就活ルールの撤廃

このブログをご覧の皆さまは既にご存知の通り、経団連が2021年度卒から就活ルールを撤廃することで決まりました。要するに、今までは3年生時点の3月に就活がスタートというルールが存在していましたが、その決まりごとを無くすということです。

既に守られていなかったではないか。という意見もさることながら、私なりの今後の見解を述べていきたいと思います。

採用活動の前倒し

現在では、3年生を対象にしたインターンシップで企業は学生に対しアプローチを掛けていきます。中には3年生の夏時点で内定先を獲得している学生も珍しくありません。

大学側を意識した見解

内定を獲得した学生の中で、その後学業に影響を及ぼす(疎かになる)方がいらっしゃいます。しかしながら、学校としても就職先が決まっている以上、たとえ卒業論文が合格に満たない場合でも何とかして卒業させなければいけないというジレンマが残ってしまいます。

この就職活動スケジュールの撤廃はさらに、企業の前倒し採用活動を促進し、早ければ1年生からでも内定先を獲得することになるのではないかと考えています。

これにより、まだ入学間も無い勉強や研究に励まなければいけない学生はどうなっていくのでしょうか? 勿論そのような学生ばかりではありませんが、出来るだけ学業に専念してほしいと願う大学側の気持ちも痛いほど理解出来ます。

企業側を意識した見解

とは言うものの、私個人的には就活ルールの撤廃は賛成ですね。勿論、しっかり勉強や研究には励んでください。という気持ちはあります。

大変なのは企業側ですね。これまでより更に前倒しで活動しないと採用出来ないわけです。前回のブログに書いたとおり、現時点でも中小企業の求人倍率は9.91倍とおよそ10社に1社しか採用できないわけですから、活動を早めると共に、採用力も必要とされます。

ならば、外国人採用・中途採用という風に日本人新卒採用の競争から脱退する企業も多く出て来ると思います。

就職支援業界について

そして、もう一つ大変なのが就職支援業者です。

人材紹介事業所

例えば、人材紹介は1、2年生の学生を紹介し、従来通り成果型報酬制で紹介料を獲得したとしても、入社前に内定辞退が発生した場合は全額返金がポピュラーなので、見通しが立たない上に、1、2年生で内定を獲得した学生も、その後更に他企業からアプローチは発生するので心が動くことも視野に入れておかなくてはいけません。

そう考えると、従来より少し早めの3年生の紹介を行う。というのが現実的ですね。

就活ナビ

こちらはどうなるのでしょう。。。。現在は3年生向けに登録会という名目で学内でイベントを行っていますが、こちらを1、2年生向けの業界研究会のような形でアプローチをしていくのでしょうか?

そのようなナビも誕生するかもしれませんし、インターンシップ紹介ナビサイトの利用を1、2年生でも認めるかもしれません。

合同企業説明会

現時点でもわざわざ学外の合同企業説明会に果たして学生が来るのかな? という気持ちがありますが更には1、2年生も対象にしたとすると、わざわざ・・・・。という気持ちが高まってしまいます。

上記の大学の懸念点も鑑みると、大学側は積極手にに参加を推奨はしないだろうな。と思っています。

まとめ

最終的には、企業はそろそろ自立しないといけませんね。外部サービスに頼って採用活動を行っていくようでは、今後は厳しいのではないかと思います。

自社の力で、採用活動を成功させるためのノウハウと活動が必要です。